「難治がん」の記者 無信心の私が「宗教の存在が無意味ではない」と思う理由

書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者

がん

2018/05/26 16:00

 うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。45歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘された朝日新聞の野上祐記者の連載「書かずに死ねるか」。今回は宗教について。

あわせて読みたい

  • 日本人と神道 今、改めて見直すべき「和の心」

    日本人と神道 今、改めて見直すべき「和の心」

    dot.

    10/4

    成功した人が神社に行く理由

    成功した人が神社に行く理由

    週刊朝日

    1/8

  • 比叡山を焼き討ちした織田信長 神仏をも恐れぬ「虐殺者」か「演出家」か?

    比叡山を焼き討ちした織田信長 神仏をも恐れぬ「虐殺者」か「演出家」か?

    dot.

    9/12

    創価学会、天理教、生長の家…「宗教別婚活」の知られざる実態

    創価学会、天理教、生長の家…「宗教別婚活」の知られざる実態

    dot.

    4/17

  • 開運の言葉「一陽来復」とともに新年を迎えるご準備を
    筆者の顔写真

    鈴子

    開運の言葉「一陽来復」とともに新年を迎えるご準備を

    dot.

    12/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す