佐藤二朗「オヤジ道の越えてはいけない一線、山田孝之の名言とは?」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

佐藤二朗「オヤジ道の越えてはいけない一線、山田孝之の名言とは?」

連載「こんな大人でも大丈夫?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
佐藤二朗dot.#ライフ#佐藤二朗

佐藤二朗(さとう・じろう)/1969年、愛知県生まれ。俳優、脚本家。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役や「幼獣マメシバ」シリーズで芝二郎役など個性的な役で人気を集める。ツイッターの投稿をまとめた著書『のれんをくぐると、佐藤二朗』(山下書店)のほか、96年に旗揚げした演劇ユニット「ちからわざ」では脚本・出演を手がける

佐藤二朗(さとう・じろう)/1969年、愛知県生まれ。俳優、脚本家。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役や「幼獣マメシバ」シリーズで芝二郎役など個性的な役で人気を集める。ツイッターの投稿をまとめた著書『のれんをくぐると、佐藤二朗』(山下書店)のほか、96年に旗揚げした演劇ユニット「ちからわざ」では脚本・出演を手がける

オヤジがくしゃみをした後にやることは… (※写真はイメージ)

オヤジがくしゃみをした後にやることは… (※写真はイメージ)

 個性派俳優、佐藤二朗さんによる「AERA dot.」の新連載「こんな大人でも大丈夫?」。日々の仕事や生活の中で感じているジローイズムをお届けします。

*  *  *
 前回のコラムで「俺は精神年齢が小学生並みに低い」と訴えたが、今回は「俺はオヤジだ」ということを訴えたい。俺、俺のこと大好きだから。

「精神年齢が低い」と「オヤジくささ」は共存しうるのか。

 これが、今回のコラムの主たるテーマとなる。

 ふふ。「これが、今回のコラムの主たるテーマとなる」か。いよいよ俺も気鋭のコラムニストっぽくなってきたな。ふふ。まあ堅実な印象のAERA dot.がこのテーマを受け入れてくれるか多少心配ではあるが、俺が心配なくらいだから俺の担当K氏は気を失いかけてるかもしれないが既に気を失ってるかもしれないのでその隙に書いちゃおう。

「思い付いた駄洒落を口に出さないと気が済まなくなったらオヤジ」という珠玉の名言がある。誰の名言かは敢えて伏せるが山田孝之という人である。この物差しでいえば、もう俺は、オヤジど真ん中だ。ドラマ「デスノート」の現場で弓削智久、前田公輝という若い役者たちがインスタの話をしていて、「え何? インスタントラーメン?」とちょっと普通じゃ考えられないような低クオリティーの駄洒落で無理矢理カットインした時の、彼らのあんぐり顔はいまだに忘れられない。人はここまであんぐりできるのかというくらい、見事なあんぐりだった。そう。思い付いた駄洒落をすぐさま口にする。それも若者たちの前で果敢に口にする。さらに若者たちにあんぐりされたら、その被虐さえも悦びに変える。何を書いてるんだ俺は。いよいよ担当K氏に本格的に怒られそうだがここで怯んだらオヤジが廃る。

 湯舟に浸かったら「あ~極楽極楽」と言う。確実に言う。百パー言う。くしゃみをしたら「ハ~クション! あチクショウ」と言う。確実に言う。むしろ言わない自分が許せない。喫茶店でおしぼりが出ようものなら迷わず、即座に顔を拭く。顔を拭かずしてどこを拭くという気概で顔を拭く。夏はビールに枝豆プロ野球。メタボを慈しみ、赤提灯を愛する。嗚呼、我、オヤジ道邁進中。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加