<最終回>珍名踏切マニアがいく! 廃線で失われるのは駅や線路だけじゃない…さよなら「ファッション通り踏切」 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

<最終回>珍名踏切マニアがいく! 廃線で失われるのは駅や線路だけじゃない…さよなら「ファッション通り踏切」

連載「珍名踏切が好き!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
今尾恵介dot.#今尾恵介#鉄道
若菜駅前通り踏切。一段高い築堤上が夕張鉄道の廃線跡

若菜駅前通り踏切。一段高い築堤上が夕張鉄道の廃線跡

JR石勝線夕張支線の鹿ノ谷駅。最盛期の1000分の1近くまで利用者が激減

JR石勝線夕張支線の鹿ノ谷駅。最盛期の1000分の1近くまで利用者が激減

ファッション通り踏切。ドレスメーカー女学院は左上すぐ近くにあった

ファッション通り踏切。ドレスメーカー女学院は左上すぐ近くにあった

今回紹介した踏切周辺の地図

今回紹介した踏切周辺の地図

 踏切の名称に惹かれて何十年の、いわば「踏切名称マニア」である今尾恵介さんが、全国の珍名踏切を案内してくれる連載。最終回は、廃線が決まった石勝線夕張支線の「ファッション通り踏切」を紹介します。

【踏切の看板や夕張鉄道の遺構写真はこちら】

*  *  *
 夕張市といえば、北海道で最も人口減少の大きい都市のひとつである。大都市から離れた典型的炭鉱都市であったため、エネルギー事情の変化で閉山が相次ぐや、有効な歯止め策も見当たらないまま人は次々と他所へ去っていった。最盛期の昭和35(1960)年には11.7万人を記録し、札幌、函館、小樽、旭川、釧路、室蘭に次ぐ道内7位を誇った人口も、現在ではその約7パーセントに過ぎない8286人(平成30年4月30日)。夕張メロンの成功という明るい話題もある一方で、スキーリゾート開発などの巨額投資で負債が膨らみ、ついに財政破綻に追い込まれている。

 その夕張市に唯一残った鉄道が石勝線の夕張支線だ。かつてこの路線(旧夕張線)は石炭列車の多さに複線化されていたこともある。戦後しばらくは石炭の積み出しが多く、昭和40(1965)年度には市内各駅の石炭の発送は合計約214万トンに達した。閉山後はもちろん貨物輸送は廃止され、今では1両編成の気動車が1日5往復走るのみ。

 その炭鉱イメージとはかけ離れた「ファッション通り踏切」が線内鹿ノ谷~夕張間にある。石炭の街にファッションという語彙はかなり違和感を覚えるが、美しく装いたい思いはどこでも同じという妙にリアルな感触もあって、札幌での用事を済ませた翌日に訪ねてみた。

 本来なら札幌から列車で行くのが踏切に対する「礼儀」かもしれないが、あいにく遠回りで本数が少なく最も早い列車でも12時を過ぎてしまうので、直通のバスにした。1時間35分ほどで夕張テニスコート前に着いたが、ほど近いファッション通り踏切は後回しにして、もうひとつ訪問したかった「若菜駅前通り踏切」へ行ってみよう。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい