なんでや! 阪神ファンが激怒した「幻のホームラン」

2018/03/12 16:00

 各地でオープン戦も真っ盛りだが、懐かしいプロ野球のニュースも求める方も少なくない。こうした要望にお応えすべく、「プロ野球B級ニュース事件簿」シリーズ(日刊スポーツ出版)の著者であるライターの久保田龍雄氏に、80~90年代の“B級ニュース”を振り返ってもらった。今回は「幻の本塁打編」だ。

あわせて読みたい

  • ベース踏み忘れの“珍事”は長嶋茂雄以来の“快挙”に【プロ野球B級ニュース事件簿】

    ベース踏み忘れの“珍事”は長嶋茂雄以来の“快挙”に【プロ野球B級ニュース事件簿】

    dot.

    1/20

    長嶋茂雄、伝説の“三角ベース走塁” ルールを忘れて全力疾走!

    長嶋茂雄、伝説の“三角ベース走塁” ルールを忘れて全力疾走!

    dot.

    7/8

  • ボールをぶつけたり、守備の邪魔をしたり… 審判が起こした思わぬ“トラブル”

    ボールをぶつけたり、守備の邪魔をしたり… 審判が起こした思わぬ“トラブル”

    dot.

    6/16

    大谷翔平、内川聖一、稲葉篤紀…「甲子園の夢」が散った明暗を分けた判定

    大谷翔平、内川聖一、稲葉篤紀…「甲子園の夢」が散った明暗を分けた判定

    dot.

    7/29

  • 「何が何だかわからなかった…」スクイズ決めたのにまさかの無得点、ワンプレーに泣かされ甲子園を後に

    「何が何だかわからなかった…」スクイズ決めたのにまさかの無得点、ワンプレーに泣かされ甲子園を後に

    dot.

    8/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す