マイクロソフト、グーグルで活躍した日本人エンジニアが「自分を変えたいとき」にやること (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

マイクロソフト、グーグルで活躍した日本人エンジニアが「自分を変えたいとき」にやること

このエントリーをはてなブックマークに追加
木下昌子dot.#教育#朝日新聞出版の本
及川卓也(おいかわ・たくや) 1965年生まれ。88年早稲田大学理工学部資源工学科卒業後、DEC へ。97年マイクロソフトに転職し、Windows Vista日本語版の開発統括などを務める。2006 年グーグルに転職、エンジニアリングマネージャーとしてGoogle Chromeの開発に従事。15 年に退職、フリーランスに(写真・木村和敬)

及川卓也(おいかわ・たくや) 1965年生まれ。88年早稲田大学理工学部資源工学科卒業後、DEC へ。97年マイクロソフトに転職し、Windows Vista日本語版の開発統括などを務める。2006 年グーグルに転職、エンジニアリングマネージャーとしてGoogle Chromeの開発に従事。15 年に退職、フリーランスに(写真・木村和敬)

title

早稲田理工 by AERA 2018 (AERAムック)(朝日新聞出版)

amazonamazon.co.jp

 Windows VistaやGoogle Chromeの開発に携わるなど、世界のトップ企業でエンジニアを歴任し、現在はフリーランス技術者として活躍する及川卓也さん。早稲田大学OBである及川さんが、新しい世界に飛び込む行動力の源について、「早稲田理工 by AERA 2018」(朝日新聞出版)で語った。

* * *
 名だたるIT企業で活躍した及川さん。意外なことに高校時代はジャーナリストや考古学者に憧れていたという。

「早稲田の理工学部へ進学したのは親の勧めで、あまり勉強熱心ではありませんでしたね。周りには年上の友人が多く、一緒に喫茶店に入り浸ったり、バンドを組んで早稲田祭で演奏したりしていました」

 本格的にコンピューターの勉強を始めたのは、大学3年生のときだ。父が大病を患ったことをきっかけに「自分も何かしなければ」と思い立ち、独学で情報処理技術者試験に合格。探査工学の研究室に所属してからは、プログラミングに没頭した。

 卒業後はコンピューターメーカー、日本ディジタルイクイップメント(DEC)へ。

「大型機主流の時代にミニコンピューターという画期的なコンセプトを打ち出した会社です。当時はIBMを抜いて業界1位に迫る勢いがありました」

 9年後にはマイクロソフトに転職。Windows Vistaの開発統括を務めた。開発が終了するとグーグルへ転職。マネージャーを務め、Google Chromeの開発に関わった。フリーランスとなった現在は、起業まもない会社の組織づくりやプロダクト戦略のアドバイザーを務めるかたわら、被災地復興に役立つシステム構築といった社会貢献活動にも取り組む。

■自分を変えたいときは環境を変えればいい

 いわく「ぼくは人と同じことを良しとしない変わり者」。ソフトな口調とは裏腹に、語られる言葉の端々からは、新しい世界に飛び込むリスクをむしろ楽しんでいる様子が伝わってくる。しなやかさと気骨を兼ね備えた人だ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい