2千人以上看取った在宅医が語る「延命治療をやめるタイミング」とは (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

2千人以上看取った在宅医が語る「延命治療をやめるタイミング」とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
長尾和宏dot.#がん#ヘルス#病気#病院
1月27日に開催された出版記念講演会で語る長尾和宏医師

1月27日に開催された出版記念講演会で語る長尾和宏医師

 なかには「そろそろやめますか?」と言ってくれるお医者さんもいますけど、言わない場合が多いです。

 いずれにしても終末期は見えない。見えないけども終末期はある。自分は終末期にあるのかないのか、闘病生活の中でちょっと考えてほしいなと思います。

■平穏死の条件は脱水、その逆は溺れ死に

 では、平穏死とは一言で言ったらなんなのか。それは”枯れる”ということ。枯れていく最期なんですよ。

 人生とは水分含量の観点からいうと、水分がどんどん減っていくことです。生まれた時、赤ちゃんの水分は8割。成人は6割です。高齢者になると5割にまで減っていく。そして、平穏死寸前は4割くらいになる。

 枯れてしぼんで水分含量が少なくなってドライになる。医学的には脱水という言葉。脱水と言うと悪い言葉のように思う人も多いと思います。急に暑くなって熱中症になって脱水になる、これはよくない。だけど、病気でがんの末期、認知症でも、脱水があったら実は平穏死。平穏死の条件は脱水なんですよね。脱水があると、苦痛が少ない。そして、かつ長生きします。

 良かれと思って、最期まで点滴をすると、ある時点から命を縮めてしまう。それどころか、苦しみ出す。

 平穏死の反対は、延命死です。最期に良かれと思って、点滴をたくさんすると患者さんを溺れさせてしまう。もう終末期なのに、高カロリー栄養の点滴をやっている人がいる。その結果、どうなるか。みんな溺れ死にです。

 私は年間100人ちょっとの人を看取りますけど、みんな平穏死ですね。みんな枯れてます。がんの場合でも痛みが少ない。咳やたんで悩まない。呼吸困難がない、かつ、長生きできる、いいことばっかりです。

 これはがんでも、認知症でも、心不全でもみんないっしょ。平穏死の概念は病気の種類を問いません。

 心臓も何十年も動いていたら弱ってきます。水分含量が少ないからゆっくり動いています。そこにドバーっと点滴をしたら、心臓はパンクしてしまいます。たったそれだけのことなんです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい