がんで余命3カ月宣告の映画作家・大林宣彦「肺がんと聞いてうれしくて」

がん

2018/03/13 07:00

 映画作家の大林宣彦さん(80)は2016年8月、肺がんのステージ4と診断された。余命3カ月。新作「花筐/HANAGATAMI」の撮影開始のタイミングだった。それから1年半近くが経ち、映画は完成(昨年12月公開)し、次回作に挑む。がんと共存し、仲良く語り合っているという大林さんに、元国立がんセンター総長の垣添忠生・日本対がん協会会長が聞いた。

あわせて読みたい

  • がん再々発の女優・古村比呂さん「闘う気力がなくなった」 がんとともに歩む生き方

    がん再々発の女優・古村比呂さん「闘う気力がなくなった」 がんとともに歩む生き方

    週刊朝日

    5/31

    すい臓がんのステージ4の経済学者・石弘光さん「がんを冷静に分析してみよう」

    すい臓がんのステージ4の経済学者・石弘光さん「がんを冷静に分析してみよう」

    週刊朝日

    4/21

  • 大林宣彦監督最期の言葉、欲しいのは「笑顔と…」 その映画愛を、遺作通し妻・恭子さんが語る

    大林宣彦監督最期の言葉、欲しいのは「笑顔と…」 その映画愛を、遺作通し妻・恭子さんが語る

    AERA

    8/16

    映画を信じた大林宣彦監督 校正でも楽しませる遊び心

    映画を信じた大林宣彦監督 校正でも楽しませる遊び心

    週刊朝日

    4/15

  • 妻をがんで亡くし自身も… 元国立がんセンター総長が患者を支援する理由

    妻をがんで亡くし自身も… 元国立がんセンター総長が患者を支援する理由

    dot.

    9/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す