乳がん患者数は30年で5倍! 「いい病院」独自ランキング (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

乳がん患者数は30年で5倍! 「いい病院」独自ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
乳がん手術件数の病院ランキング 1位~10位

乳がん手術件数の病院ランキング 1位~10位

乳がん手術件数の病院ランキング 11位~19位

乳がん手術件数の病院ランキング 11位~19位

乳がん手術件数の病院ランキング 21位~30位 ※2017年3月「大阪府立成人病センター」から名称変更・移転

乳がん手術件数の病院ランキング 21位~30位 ※2017年3月「大阪府立成人病センター」から名称変更・移転

乳がん手術件数の病院ランキング 31位~39位

乳がん手術件数の病院ランキング 31位~39位

 きちんと治してくれる「いい病院」に出合いたい――。自分や家族が病気で手術を受けることになったとき、多くの人はそういう思いを抱くことでしょう。2月27日発売の週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2018』では、全国の病院の年間手術数を独自調査し、手術数が多い上位病院をランキング形式で掲載しています。手術数だけが病院選びの指標ではありませんが、多くの指標を考慮するにしても、参考にしたい客観的指標の一つです。手術を多く実施していれば、それだけ難しい症例やトラブル対応も経験していると考えられます。別の見方をすれば、手術数は患者から命を託された数ともいえます。

 最新データである2016年1年間の手術数の調査結果から、ここでは「乳がん手術」の全国トップ40を解説記事とともに紹介します。

【図表】最新・乳がん手術件数ランキング、続きこちら

* * *
 乳がん患者数は年々増加し、現在は毎年7万人以上の人が乳がんと診断されている。30年以上前に比べると5倍に増加し、日本人女性の12人に1人が乳がんになっている。

 女性がかかるがんの中で最も多いのが乳がんだが、死亡率でみると大腸がん、肺がん、胃がん、膵すいがんに次ぐ5番目だ。つまり乳がんはかかる人は多いけれど、それで亡くなる率は高くないがんといえる。

 乳がんは、比較的予後がいいがんで、早期はもちろん、進行がんでも局所にとどまっていれば、病巣を切除する手術に薬物療法や放射線治療を組み合わせることで根治を期待できる。

 手術はがんの大きさや広がりによって、病巣とその周辺だけを取る「乳房温存術(部分切除)」と、乳房ごと取る「乳房切除術(全摘)」のどちらかを選択する。JCHO久留米総合病院の田中眞紀医師は言う。

「一昔前は乳房を残すのがいい病院と思われがちでした。しかし広範囲に腫瘍が多発しているなど全摘すべきケースで無理に温存すれば、取り残しを招きます。もともと乳房が小さい人や摘出する病巣の位置や大きさによっては、変形が目立ち、整容性(見た目の美しさ)を保てないこともあります」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい