平昌五輪特集

AERA dot.

移籍先が決まらない…村田修一はどの球団でも“戦力外”なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.

いまだ去就が決まっていない前巨人の村田 (c)朝日新聞社

いまだ去就が決まっていない前巨人の村田 (c)朝日新聞社

 中日は1月23日、松坂大輔の入団テストを行い、その結果今シーズンの契約を結ぶと発表した。しかし『松坂世代』と呼ばれ、球界を席巻した同世代の選手で去就が未定の選手はまだ残っている。高校3年春のセンバツ決勝で松坂と投げ合った久保康友(前DeNA)、新人王を獲得した梵英心(前広島)などがそうだが、中でも実績的にナンバーワンと言えるのが村田修一(前巨人)だ。

 チームの若返り方針で自由契約となったものの、昨季も限られた出番の中で100安打、14本塁打、58打点という結果を残しており、移籍先は早々に見つかると見られていたが、キャンプ直前のこの時期になっても候補すら聞こえてこない状況が続いている。そんな村田の今後について、現時点での戦力を見ながら最適な球団を探ってみたいと思う。

 村田が起用されるとすれば本職のサードかファースト、パ・リーグならDHも含めた3ポジションとなる。また、レギュラーではなくても右の代打としても考えられるだろう。そこでまずは巨人以外の11球団の各ポジションの選手と次候補になる若手、中堅選手の昨年の成績を挙げてみた(代打は最も起用が多かった選手の右打者の代打での成績)。

・ソフトバンク
サード:松田宣浩(35歳・140安打・24本塁打・71打点)
ファースト:内川聖一(36歳・79安打・12本塁打・50打点)
DH:デスパイネ(32歳・125安打・35本塁打・103打点)
次候補:塚田正義(29歳・4安打・2本塁打・2打点)
右の代打:川島慶三(35歳・17打数2安打)

・西武
サード:中村剛也(35歳・90安打・27本塁打・79打点)
ファースト:山川穂高(27歳・72安打・23本塁打・61打点)
DH:栗山巧(35歳・84安打・9本塁打・46打点)
次候補:呉念庭(25歳・9安打・0本塁打・4打点)
右の代打:メヒア(33歳・19打数2安打)

・楽天
サード:ウィーラー(31歳・147安打・31本塁打・82打点)
ファースト:銀次(30歳・155安打・3本塁打・60打点)
DH:アマダー(31歳・99安打・23本塁打・65打点)
次候補:内田靖人(23歳・1安打・0本塁打・1打点)
右の代打:今江年晶(35歳・7打数1安打)

・オリックス
サード:小谷野栄一(38歳・130安打・6本塁打・47打点)
ファースト:マレーロ(30歳・82安打・20本塁打・50打点)
DH:中島宏之(36歳・123安打・9本塁打・49打点)
次候補:大城滉二(25歳・85安打・2本塁打・21打点)
右の代打:武田健吾(24歳・17打数4安打)

・日本ハム
サード:レアード(31歳・115安打・32本塁打・90打点)
ファースト:中田翔(29歳・102安打・16本塁打・67打点)
DH:近藤健介(24歳・69安打・3本塁打・29打点)
次候補:横尾俊建(25歳・32安打・7本塁打・20打点)
右の代打:矢野謙次(38歳・38打数7安打)

・ロッテ
サード:中村奨吾(26歳・77安打・9本塁打・32打点)
ファースト:井上晴哉(29歳・26安打・0本塁打・11打点)
DH:ペーニャ(36歳・53安打・15本塁打・38打点)
次候補:大嶺翔太(27歳・44安打・5本塁打・23打点)
右の代打:伊志嶺翔大(30歳・11打数1安打)



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加