経済施策を病気の治療にたとえると見える 今の日本に必要なもの

朝日新聞出版の本

2018/01/22 07:00

 内閣府は2017年10月に発表した8月の景気動向指数で、11カ月連続で基調判断を「改善している」と表現。2012年12月からの景気拡大局面は、1965年11月から70年7月まで続いた「いざなぎ景気」に並ぶことになった。また、経済指標を見ても、有効求人倍率が初めて全都道府県で1倍を超え、企業収益も12.5%と高い数値を記録しているという。

あわせて読みたい

  • 日銀が今さら「物価検証」を急いで実施する本当の狙い

    日銀が今さら「物価検証」を急いで実施する本当の狙い

    ダイヤモンド・オンライン

    7/30

    11月号朝日新聞記者 鯨岡仁 Kujiraoka Hitoshiデフレ全史――日銀と政治の水面下の攻防

    11月号朝日新聞記者 鯨岡仁 Kujiraoka Hitoshiデフレ全史――日銀と政治の水面下の攻防

    11/1

  • やはり黒田総裁続投か? 安倍首相が懸念する2つのリスク

    やはり黒田総裁続投か? 安倍首相が懸念する2つのリスク

    dot.

    12/6

    2017年は景気が好転!? 18年には「デフレ脱却宣言」も

    2017年は景気が好転!? 18年には「デフレ脱却宣言」も

    dot.

    12/22

  • 日本経済の延命治療は続かない 年内にも1ドル千円の超円安に

    日本経済の延命治療は続かない 年内にも1ドル千円の超円安に

    dot.

    3/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す