平等な医療は「もはや建前」 現役医師が教える「信頼できる主治医を見つける方法」とは?

連載「メディカルインサイト」

メディカルインサイト

朝日新聞出版の本

2017/12/22 07:00

 東京を中心に首都圏には多くの医学部があるにもかかわらず、医師不足が続いている。そのような中、現役の医師であり、東京大学医科学研究所を経て医療ガバナンス研究所を主宰する上昌広氏は、著書『病院は東京から破綻する』で、「主治医の条件」について持論を展開する。

あわせて読みたい

  • いい医師は患者とLINEやFacebookでつながる!? ICTを駆使した信頼関係の必要性とは 
    筆者の顔写真

    上昌広

    いい医師は患者とLINEやFacebookでつながる!? ICTを駆使した信頼関係の必要性とは 

    dot.

    12/29

    「セカンドオピニオン」を聞いた病院にそのまま転院したい 医師の答えは!?

    「セカンドオピニオン」を聞いた病院にそのまま転院したい 医師の答えは!?

    週刊朝日

    5/4

  • がんを患った医師が語る「いい病院」の条件

    がんを患った医師が語る「いい病院」の条件

    週刊朝日

    10/12

    患者の理解度に差があるのに皆に同じような説明をする医師 「診察がストレス」になったら?

    患者の理解度に差があるのに皆に同じような説明をする医師 「診察がストレス」になったら?

    週刊朝日

    3/4

  • ネットの「怪しい医療情報」に騙されない! チェックするべき3つのポイント

    ネットの「怪しい医療情報」に騙されない! チェックするべき3つのポイント

    dot.

    5/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す