「難治がん」の記者 富岡八幡宮で働いた過去と「家内安全」のお札に思うこと

書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者

がん

2017/12/16 16:00

 働き盛りの45歳男性。がんの疑いを指摘された朝日新聞記者の野上祐さんは、手術後、厳しい結果を医師から告げられる。抗がん剤治療を受けながら闘病中。

あわせて読みたい

  • 富岡八幡宮殺人「姉弟不仲は中学時代から」「初詣はどうなる?」と近隣住民

    富岡八幡宮殺人「姉弟不仲は中学時代から」「初詣はどうなる?」と近隣住民

    dot.

    12/8

    女性宮司殺人の富岡八幡宮 “丑三つ時”の初詣で記者が目撃したものとは?

    女性宮司殺人の富岡八幡宮 “丑三つ時”の初詣で記者が目撃したものとは?

    dot.

    1/1

  • 富岡八幡宮続報 殺害された姉宮司ホスト通いで月200万円 犯人弟の息子は都内の神社で働く

    富岡八幡宮続報 殺害された姉宮司ホスト通いで月200万円 犯人弟の息子は都内の神社で働く

    AERA

    12/27

    富岡八幡宮殺人 姉の首を日本刀で切った元宮司の弟「ボンちゃん」の悪評

    富岡八幡宮殺人 姉の首を日本刀で切った元宮司の弟「ボンちゃん」の悪評

    AERA

    12/8

  • 女性宮司殺人の富岡八幡宮 “丑三つ時”の初詣で記者が目撃したもの

    女性宮司殺人の富岡八幡宮 “丑三つ時”の初詣で記者が目撃したもの

    1/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す