おいしいゆで卵のコツも披露! 辻仁成が明かす卵料理を小説の題材に選んだ理由

グルメ

2017/12/10 16:00

 作家人生で初となる料理小説『エッグマン』を手がけた辻仁成さん。毎日キッチンに立ち続けた経験が物語の中に息づいている。料理のモットーは「手間と時間をたっぷりかけること」。それは、一人息子に愛情を伝えるためであり、自らが立ち直るためにすがった手段でもあった。辻さんが『エッグマン』で描きたかったこととは……。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す