ヒロミに「背中を押してもらった」カンニング竹山が明かす好感度の高さの秘密 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ヒロミに「背中を押してもらった」カンニング竹山が明かす好感度の高さの秘密

連載「言わせてもらいますけどね!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ(撮影/写真部・小原雄輝)

カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ(撮影/写真部・小原雄輝)

 平均視聴率19.9%を叩き出したことでも話題になった「ヒロミ、自宅を作る。完全披露SP~八王子リホーム6か月完全密着~」(日本テレビ系)。カンニング竹山さんは「ヒロミさんは世のおじさんたちの憧れ」だという。再ブレイクする人、好感を持たれる人たちの秘訣とは。

*  *  *
 尊敬する先輩たちの中でも、やっぱりヒロミさんってカッコイイなと思いますよね。ベテランだから、僕みたいにドキドキしていないだけじゃなくて、ブレないんですよ。一緒に飲みに行かせてもらったりもするんですが、悩んでいる僕に「竹山、関係ねーんだよ。やるんだよ!」って言ってくれる。「俺は俺。やりたいようにやるんだ」ってブレないところが本当にカッコイイ。

 こないだも家をリフォームする番組ですごい数字(視聴率)を取っていましたが、あの面白さは本当にやりたくてやっているところだと思います。「俺は勝手にやるから、撮るなら撮っていいよ」っていうスタンスですよね。やりたくなければやらない。でもやっぱり優しい人だから、ヒロミさんを嫌だって言う人はいないし、スタッフとも仲間になって、現場も楽しそうなのが画面から伝わってきますよね。

 僕にとってヒロミさんは理想のおじさんなんです。よく遊んでよく働く、こういうカッコイイおじさんになりたいなって思う。僕がプライベートでキャンプに行ったりするようになったのは、多少なりともヒロミさんの影響ですよね。

 キャンプだけじゃなくて、バイクとか、車とか、ゴルフとか、いつかはやってみたいことって誰しもあるじゃないですか。「でも車がないし…」とか「お金ないし…」って諦めていること。いつかみんなやりたかったことを、ヒロミさんはどんどん形にしていくんですよね。家を作るのだってそう。いつかやりたいって人、絶対いると思うんですよ。金がないし、技術もないしって諦めている世のおじさんたちに、ヒロミさんが背中で見せてくれている。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい