柴咲コウ、綾瀬はるか、志田未来…アンチ少ない人気女優の秘密は「父親とのいい関係」 (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

柴咲コウ、綾瀬はるか、志田未来…アンチ少ない人気女優の秘密は「父親とのいい関係」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山ひろしdot.
柴咲コウ (c)朝日新聞社

柴咲コウ (c)朝日新聞社

「例えば、綾瀬はるか(32)も父親と仲良しです。最近、バラエティー番組で好きな男性のタイプを明かしていて、その基準というのが『ユーモアがあるかどうか』。何でも、綾瀬の父親が『人生はユーモアが大切だ』とよく言っていて、自身も年を取るにつれてその意味が分かってきたとか。ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS系)で白血病の役を演じるために頭をそり上げた時は、父親からのアドバイスで髪の毛が伸びていく過程を『坊主日記』として記録していたのですが、その日記を見せたところ父親は大爆笑していたそうです」(女性週刊誌の編集者)

 父親の言葉を、自分の理想の男性のタイプに重ねる綾瀬。確かに、そんなエピソードからも2人の強い信頼関係がうかがえる。

「柴咲コウ(36)も父親と仲が良いようです。昨年の父の日には、自身のインスタグラムに父親とのツーショットを投稿するほど。デビュー当時、父親は芸能界入りに反対していたそうですが、柴咲が出演している映画『バトル・ロワイアル』(2000年公開)を2人で鑑賞して、理解を示してくれたと話していました。今では一緒に飲みに行くような関係で、酒を飲みながら仕事の話もしているようですね」(スポーツ紙の芸能担当記者)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

あわせて読みたい あわせて読みたい