ドキンちゃん声優・鶴ひろみさん 首都高で突然死 前触れなく破裂する大動脈解離の怖さ

ヘルス

2017/11/17 18:41

「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃん、「ドラゴンボール」のブルマをはじめ、「ペリーヌ物語」のペリーヌ、「きまぐれオレンジ☆ロード」の鮎川まどかなどで知られる声優の鶴ひろみさんが16日夜、首都高速道路上に停車中の乗用車内で意識不明の状態で見つかり、同日、搬送先の病院で死亡が確認された。所属事務所によると、死因は運転中の大動脈解離。57歳だった。弾力性がなくなりもろくなった大動脈に瘤(こぶ)ができて破裂したり、血管の壁が内側で剥離した状態になる。緊急に治療しないと命に関わるのが大動脈疾患だ。週刊朝日ムック「脳卒中と心臓病のいい病院」から、その予防や治療などを解説する。

あわせて読みたい

  • 大動脈瘤患者の期待高まる「ステントグラフト内挿術」とは

    大動脈瘤患者の期待高まる「ステントグラフト内挿術」とは

    週刊朝日

    9/29

    大動脈瘤への血流を止めるステントグラフト内挿術 選択の基準は?

    大動脈瘤への血流を止めるステントグラフト内挿術 選択の基準は?

    dot.

    8/9

  • 大動脈瘤破裂 胸部で8割、腹部で4割と高い死亡率

    大動脈瘤破裂 胸部で8割、腹部で4割と高い死亡率

    週刊朝日

    9/28

    大動脈瘤を取り除く人工血管置換術 手術のタイミングは?

    大動脈瘤を取り除く人工血管置換術 手術のタイミングは?

    dot.

    8/8

  • 破裂すると死に至る大動脈瘤 声のかすれで発覚するケースも

    破裂すると死に至る大動脈瘤 声のかすれで発覚するケースも

    dot.

    8/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す