古賀茂明「『急がばバラマキ』で若者を騙し、改憲を目指す安倍総理」

連載「政官財の罪と罰」

政官財の罪と罰

安倍政権

2017/11/06 07:00

 衆議院選挙が終わって、ようやく国会が開かれた。野党は、「モリ・カケ問題」や憲法改正・北朝鮮問題などの追及ができると、手ぐすねを引いて本格審議を待っている。もちろん、安倍政権は、そんな野党の攻勢に対してしっかり準備をしている。それは、政権与党でなければできない究極の「バラマキ」大作戦だ。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す