元SMAP・香取慎吾と安倍首相との異色のコラボをサポートした日本財団の御曹司 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

元SMAP・香取慎吾と安倍首相との異色のコラボをサポートした日本財団の御曹司

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#安倍政権

安倍首相からアーティストとしての今後を期待され、照れ笑いを浮かべる香取慎吾(撮影/河嶌太郎)

安倍首相からアーティストとしての今後を期待され、照れ笑いを浮かべる香取慎吾(撮影/河嶌太郎)

安倍首相をナビゲートした香取慎吾(撮影/河嶌太郎)

安倍首相をナビゲートした香取慎吾(撮影/河嶌太郎)

安倍首相と握手する香取慎吾(撮影/河嶌太郎)

安倍首相と握手する香取慎吾(撮影/河嶌太郎)

 東京・表参道スパイラルホールで開かれている展覧会「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS企画展 ミュージアム・オブ・トゥギャザー」で元SMAPの香取慎吾と安倍晋三首相という“異色の対面”が30日、実現した。

【写真】さっそうと案内する香取慎吾さんはこちら

 主催した日本財団広報がその経緯をこう説明する。

「安倍首相側から見に行きたいという打診があり、その連絡を受け、香取さんがナビゲーターを買って出るような形で、安倍首相との対面が実現しました」

 同展は、ダウン症や自閉症といった障害を抱えた人を中心に、現代美術家も交え23人の美術品を展示したもので、香取の作品「イソゲマダマニアウ」「火のトリ」のほか、約500点が展示されている。

 香取は報道陣に対し、「作家の香取慎吾です。初めて『作家』と呼んでいただき、恥ずかしながらもとても喜んでいる」と挨拶。続けて「本当に素晴らしい展覧会。

 境界線がなく、障害者のアーティストの方々もたくさん参加させていただいている中で、僕の作品も出品させていただいてうれしい」と話した。

 最後に、「車椅子の方とか、外に出ることを躊躇してしまうような人にもたくさん来ていただけている。またこんな展覧会が開けたらみんなで笑顔になれるのかなと思っています」との期待を語った。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい