「風と雲と虹と」に主演した加藤剛が語る“極悪人”平将門の魅力とは?

大河ドラマ誕生55周年の秘話

植草信和

2017/10/29 16:00

 1976(昭和51)年の大河ドラマ第14作は「風と雲と虹と」だった。その一回目の冒頭、原作者の海音寺潮五郎が画面に現れて主人公や物語について解説するという演出が、視聴者を驚かせた。

あわせて読みたい

  • 追悼 加藤剛さん 盟友が明かす澄明な人柄

    追悼 加藤剛さん 盟友が明かす澄明な人柄

    週刊朝日

    7/18

    全国有数の初詣スポット成田山新勝寺。巨大寺院の謎と秘密に迫る!

    全国有数の初詣スポット成田山新勝寺。巨大寺院の謎と秘密に迫る!

    tenki.jp

    1/3

  • 後世の政策に影響を与えた平安時代の大反乱者とは
    筆者の顔写真

    鈴子

    後世の政策に影響を与えた平安時代の大反乱者とは

    dot.

    2/13

    「太平記」出演の陣内孝則が語る「デヴィット・ボウイ的なバサラ大名を目指した」
    筆者の顔写真

    植草信和

    「太平記」出演の陣内孝則が語る「デヴィット・ボウイ的なバサラ大名を目指した」

    dot.

    6/10

  • 山田太一、加藤剛が語る異彩を放った大河「獅子の時代」
    筆者の顔写真

    植草信和

    山田太一、加藤剛が語る異彩を放った大河「獅子の時代」

    dot.

    12/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す