英語公用語化から7年、楽天はこう変わった

教育

2017/10/31 07:00

 2010年、楽天の「社内公用語の英語化」宣言は社会に大きな衝撃を与えた。導入から7年、現場で英語はどのように浸透し、会社はどう変わったか。社内公用語英語化のリーデイングカンパニーの取り組みと現状を、好評発売中の「AERA English 2017 Autumn & Winter」(朝日新聞出版)よりお届けする。

あわせて読みたい

  • 消える楽天らしさ 英語公用語化で社員ため息

    消える楽天らしさ 英語公用語化で社員ため息

    AERA

    7/1

    社内公用語は英語なのに社長は和服? 世界中からインターンシップ生の応募が殺到する注目企業

    社内公用語は英語なのに社長は和服? 世界中からインターンシップ生の応募が殺到する注目企業

    dot.

    11/1

  • TOEIC800点でも話せない日本人 企業が動き出す

    TOEIC800点でも話せない日本人 企業が動き出す

    AERA

    8/21

    楽天、ユニクロの英語研修担当が断言「日本人の98%は、本当は英語ができる」

    楽天、ユニクロの英語研修担当が断言「日本人の98%は、本当は英語ができる」

    BOOKSTAND

    8/5

  • 心が折れないビジネス英語学習6つのコツ 英語トレーナーが伝授

    心が折れないビジネス英語学習6つのコツ 英語トレーナーが伝授

    dot.

    10/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す