【ドラフト展望】楽天 乏しい中軸候補…抽選恐れず清宮を狙え! (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ドラフト展望】楽天 乏しい中軸候補…抽選恐れず清宮を狙え!

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
将来の中軸が期待できる早稲田実・清宮幸太郎 (c)朝日新聞社

将来の中軸が期待できる早稲田実・清宮幸太郎 (c)朝日新聞社

【おすすめ選手・その3】
岸田行倫:大阪ガス 捕手 176cm 79kg 右投右打

 嶋基宏がピークを過ぎ、過去2年で獲得した高卒の捕手もまだ時間がかかることを考えると、即戦力に近い捕手を獲得したい。岸田は高卒ながら強豪の大阪ガスで早くから正捕手を任されたディフェンス型の捕手で、需要にぴったり当てはまる。もの凄い強肩というわけではないが、スローイングの速さは十分で、何より捕手らしい雰囲気を持っていることが魅力だ。打撃も決して力がないわけではなく、プロのレベルにも十分対応できるだけの能力は持っている。

【おすすめ選手・その4】
岩見雅紀:慶応大 外野手 187cm 107kg 右投右打

 長打力不足解消のためにもうひとり狙いたいのが岩見だ。秋のリーグ戦では東京六大学新記録となる5試合連続ホームランを放った巨漢スラッガーで、とらえた時の打球は外国人選手を見ているようだ。一方で打てるゾーンは狭く、逃げる変化球への対応力も低いため、プロではかなり苦労することが予想される。肩は弱くはないものの脚力がないため、ファーストか指名打者での起用に限定されるのも不安材料だ。ただ、それでもモノになった時のスケールの大きさは魅力であるため、下位で指名できるようなら獲得をおすすめしたい。

【おすすめ選手・その5】
北浦竜次:白鴎大足利 投手 184cm 80kg 左投左打

 下位で指名できそうな先発タイプの高校生サウスポーとしておすすめしたいのが北浦だ。高校生の大型サウスポーらしく、まだまだ体を持て余しており、無駄な動きが多いものの、長いリーチを生かした豪快な腕の振りは大きな魅力。うまく成長すれば、今年の1位候補である田嶋大樹(JR東日本)のようになりそうな雰囲気がある。高卒の大型投手が多いチームにもフィットする可能性は高いだろう。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文
1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい