土屋太鳳、清純か魔性か…大物俳優が「メロメロ」になってしまう理由 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

土屋太鳳、清純か魔性か…大物俳優が「メロメロ」になってしまう理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
天野まひるdot.
土屋太鳳 (c)朝日新聞社

土屋太鳳 (c)朝日新聞社

 女優の土屋太鳳(23)が、先日都内で開かれたロッテ「雪見だいふく」の新CM発表会に出席した際にこんなやりとりがあった。「雪見だいふくのような女性になりたい」と語る土屋に、報道陣から「中身が冷たい女性ってこと?」とやや意地悪な質問が飛んだ。それに対して、土屋は「ふんわりした甘さの中に冷静さを持った優しさがあって、どんな時も相手を包み込むような人です」と笑顔で返した。

 NHK連続テレビ小説「まれ」でブレイクし、今やドラマや映画に引っ張りだこの土屋。清純派女優といわれる彼女だが、SNSなどを中心に「ぶりっこ」や「あざとい」と叩かれることもしばしば。ところが、撮影現場ではすこぶる評判がいいようだ。民放ドラマ制作会社スタッフはこう証言する。

「スタッフや共演者はみんな彼女に心を持っていかれるんです。真面目でストイックなのに、とてもフランクに接してくる。人の懐に飛び込むのが上手なんでしょうね。あと距離感が近いんです。近距離でじっと目を見て話すので、男性なら思わずドキドキしてしまいますよ。『俺の事好きなのかな?』と勘違いする人も絶対います(笑)」

 今年秋に公開された映画『トリガール!』で共演した間宮祥太朗(24)とは「太鳳」「祥太朗」と下の名前で呼び合うほど仲良しだったと話題になったことも……。土屋は、ニュースサイトのインタビューで「映画の撮影はアドリブが多かったので、心の距離を縮めるために『祥太朗って呼んで。俺も太鳳って呼ぶから』と言ってもらったのがきっかけ」と語っている。ドラマや映画で共演した人気俳優などとの熱愛報道も過去にあったが、「その小悪魔的言動は天然のようで、実は身持ちが堅いタイプ」(女性週刊誌の編集者)なんだとか。

 そんな土屋だが、プロ意識が高いことでも有名だ。滑舌をよくするために舌の一部の除去手術をしたり、役作りのためトレードマークだったロングヘアを40cm切ったりしたことも。そんな彼女のストイックさに大物俳優やタレントたちからの評価も高いようだ。

「昨年、土屋はドラマの番組宣伝を兼ねて参加した『オールスター感謝祭』(TBS系)の恒例コーナー『赤坂5丁目ミニマラソン』に参戦しました。日本女子体育大学在学中ということもあり、ハンデをもらいながらも激走しました。結果、見事8位に入賞(女性では1位)したんです。倒れ込んでのゴールするとき、なんと介抱に向かったのは、ドラマで共演した織田裕二(49)でした。スタジオでは、感動の涙を流す出演者が続出しました。あの織田裕二の心を鷲掴みにしたんですから、土屋もたいしたものです」(同)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい