お金から自由になるための考え方はすべてドラクエが教えてくれる ~実生活に活かせる5つのポイント~ 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

お金から自由になるための考え方はすべてドラクエが教えてくれる ~実生活に活かせる5つのポイント~

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.

2016年12月 イタリアのローマにて(写真:本人提供)

2016年12月 イタリアのローマにて(写真:本人提供)

 1986年にエニックス(現スクエア・エニックス)より発売されたロールプレイングゲーム『ドラゴンクエスト』は、ゲームファンだけでなく、幅広い層に人気を博しているロングヒットゲームだ。発売日には行列ができる店舗も少なくなく、一時は社会問題にもなった。未だに、新作が発売される度に注目を浴びている。

 そんなドラゴンクエストシリーズから学びを得て、実生活で見事成功を収めた人がいる。『ただのサラリーマンから財布を18個まで増やしたお金のルールチェンジ』の著者である北川賢一氏だ。北川氏は、新卒で入った商社を1年で辞めて独立し、財布(収入源)を18個まで増やし、世界中を旅して投資案件を見つけるライフスタイルを実現している。

 ゲームの内容をどのように実生活に活かしたか、北川氏にその5つのポイントを伺った。

■人と出会うことで世界が広がる

 RPGゲームに共通しているのは、どの主人公も何らかのゴールに向かい、いろいろな土地を転々とし、冒険をくり広げていくこと。敵と戦い、ダンジョンを攻略し、仲間とともに進んでいく。その過程において、主人公やその仲間たちは、より大きな存在へと成長していくのです。

 それはまるで、人生と同じではないでしょうか。人生もまた、数々の困難に直面し、そこから逃げずに立ち向かった者だけが、成長できます。もちろん、一人でできることは限られています。そこで、仲間を見つけることが重要となるのです。

 RPGゲームから学べることの1つ目は、まさに、「人と出会うことで世界が広がる」ということです。とくに現代のような情報社会においては、仲間を得ることによって、より有益な情報を得ることが大切です。

 たしかに、インターネットで検索すれば、大抵の情報は手に入ります。その点、わざわざ人と会わなくてもいいと思うかもしれません。しかし、本当に重要な情報はネット上ではなく、人がもたらしてくれるものなのです。「いい情報」を得るためには、こちらから歩いて行かなければなりません。ただ待っていても、有益な情報は歩いて来てくれません。

 2つ目のポイントも仲間に関するもので、「仲間とともに物事を成し遂げる」ということです。情報の共有という観点もそうですが、一人ではできないことも、頼もしい仲間と一緒であれば乗り越えられる可能性が高まります。

 ベンチャー企業などはまさに、頼もしい仲間の集合体です。最初は商品もサービスも、知名度もまったくないところからスタートする。それでも成功できるのは、頼もしい仲間と物事に立ち向かったからなのです。ぜひ、頼もしい仲間を見つけてください。

■新しい経験が自分をどんどん成長させる

 3つ目のポイントは、「成功には経験値が必要」ということです。どんなに難しいことでも、何度もやっていれば段々うまくなっていくもの。逆に言えば、最初からすぐにうまくいったり、簡単に結果を求めようとしても、そうはならないわけです。ゲームの世界でも最初は強くて倒せない敵でも、レベルアップすることですることで勝利できるようになります。

 大きなことを成し遂げるためには、まずは小さな実績を積み、自分のレベルを上げていくことそれが大事なのです。

 4つの目のポイントは、「未知の世界にこそ宝がある」ということです。誰しも、未知の領域に足を踏み入れるのは緊張するものです。ただ、そのようなシーンを避けてばかりいると、これまでと同じ学びしか得られません。つまり、成長がないのです。

 そこで勇気を出し、未知の領域に進んでみると、これまでに見たことのない宝が見つかるかもしれません。新しいダンジョンや洞窟には、初めて手にする武器や防具が宝箱に入っていますよね。それと同じです。未知の世界を恐がらず、突き進みましょう。慣れ親しんだテリトリーの外に出ることによって、人生そのものが大きく変わる可能性があります。


■絶対に負けない方法は「勝つまでやる」こと

 5つ目のポイントは、発想の転換です。その内容とはズバリ、絶対に負けない方法。それは、「勝つまでやる」と決めてしまうことです。

 多くの人は、「どうせ負けるからやらない」「負けるのが嫌だから挑戦しない」などと考えて、逃げ腰になってしまっています。新しいビジネスをするにも、起業するのにも、負けを恐れて挑戦せずにいるのです。

 しかし、挑戦せずに成功することなどあるのでしょうか。あり得ません。リスクの度合いは異なれど、挑戦しなければ栄光もないのです。そのときに、持つべき発想は、勝つまでやるということに他なりません。

 勝つまでやると決めてしまえば、負けることは絶対にありません。たとえ一時的に負けていても、それはあくまでも過程です。過程であれば、乗り越えていけばいい。何度も何度もボスに挑戦すればいい。そうすれば、負けを恐れる必要はなくなります。

 ただし、その際、大切なのは、一か八かの勝負をしないことです。再起不能な負けをしてしまうと、次への挑戦ができません。大切なのは「小さなチャレンジ」を、成功するまで何度も続けることです。

 そうやって私も一つずつ財布(収入源)を増やし、お金と自由を手に入れることができたのです。

(取材・構成/ライター・山中勇樹)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい