全ての仏像が“悟っている”わけじゃない? あなたの知らない仏像の世界

あなたの知らない神社仏閣の世界

歴史

2017/09/23 16:00

 お彼岸である。この昼と夜の時間が全く同じになる日の前後、日本では仏事が行われ「おはぎ」が供えられる。彼岸の反対語は此岸(しがん)といい、この世のことを指す。ならば彼岸とは「あの世」を指すのかと言えば、そうではなく「悟りの境地」のことを意味し、言い換えればこの世は、煩悩だらけ、迷いだらけの世界と言う意味になるわけだ。

あわせて読みたい

  • 仏師・運慶の展覧会がスタート…“運慶クイズ”にチャレンジ!

    仏師・運慶の展覧会がスタート…“運慶クイズ”にチャレンジ!

    週刊朝日

    9/26

    お地蔵様とサンタと閻魔大王の意外な関係とは?12月24日「納めの地蔵」

    お地蔵様とサンタと閻魔大王の意外な関係とは?12月24日「納めの地蔵」

    tenki.jp

    12/24

  • 仏像の“パンチパーマ” その意味は? 仏女に聞いてみた!

    仏像の“パンチパーマ” その意味は? 仏女に聞いてみた!

    週刊朝日

    8/18

    意外に知られていない深大寺の魅力を紹介
    筆者の顔写真

    鈴子

    意外に知られていない深大寺の魅力を紹介

    dot.

    6/24

  • 初七日から33回忌までの法要には大きな意味が… 生者の役割とは?
    筆者の顔写真

    鈴子

    初七日から33回忌までの法要には大きな意味が… 生者の役割とは?

    dot.

    7/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す