新学期が死ぬほど苦しい君へ 「義務教育は1日も通わず卒業できる」

連載「ぶらり不登校」

ぶらり不登校

教育

2017/09/01 07:00

 これから始まる新学期。9月1日は子どもの自殺が1年で最も多い日だ。苦しい気持ちを誰にも打ち明けられずに、学校へ向かう子もいるかもしれない。「不登校新聞」編集長の石井志昂さんは、自身も不登校だった経験から「予想に反して学校へ行かないことは『人生の詰み』じゃなかった」と振り返ります。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す