日本サッカー界史上最高の“黒子”は誰だ? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本サッカー界史上最高の“黒子”は誰だ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
小宮良之dot.
長谷部誠は味方選手の能力を引き上げる究極の”黒子”と言える(写真:getty Images)

長谷部誠は味方選手の能力を引き上げる究極の”黒子”と言える(写真:getty Images)

 浦和レッズでプレーした元日本代表MFの鈴木啓太氏が、7月17日に引退試合を行った。鈴木氏は現役時代、味方やチームのために献身する黒子として評価を受けたが、他にも日本サッカー界において黒子として奮闘した者たちをここでは紹介していこう。

*  *  *
 日本サッカーを代表する黒子とは誰だろうか?

「水を運ぶ」

 元日本代表監督のイビチャ・オシム氏はそういう表現で、黒子を表現している。それはボランチの特質のひとつだろうが、「チームを回す」のが黒子なのだろう。その点では、ポジションに関わらないとも言える。

「我を捨てられる」

 それが黒子の条件だろう。周りの選手の良さを引き出し、足りない点をカバー。抜群のチームプレーヤーというのか。

 明神智和(長野)、阿部勇樹(浦和)、長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)の三人は、日本サッカーが生んだ最高の黒子と言えるだろう。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい