歯科医は「狭き門」? 国家試験合格率が88%から65%まで下がった理由

朝日新聞出版の本

2017/07/17 07:00

 近年、歯科医師国家試験の合格率が6~7割台と落ち込み、“狭き門”になりつつある。背景には、過剰となっている歯科医師数を抑制しようという国の思惑がある。週刊朝日MOOK「いい歯医者2017 誰も教えてくれなかった歯科の選び方」では、過剰傾向にある歯科医師の実情に迫った。

あわせて読みたい

  • 国公立大ならフェラーリが買える? 歯科医師の親が娘にすすめた歯学部の選び方
    筆者の顔写真

    若林健史

    国公立大ならフェラーリが買える? 歯科医師の親が娘にすすめた歯学部の選び方

    dot.

    3/15

    医師になるための「難易度」 子、親、祖父母の3世代で驚愕の差

    医師になるための「難易度」 子、親、祖父母の3世代で驚愕の差

    dot.

    12/19

  • 歯科医も高齢化で1割が70歳以上に! きちんと治療を続けるのに妨げになることとは?
    筆者の顔写真

    若林健史

    歯科医も高齢化で1割が70歳以上に! きちんと治療を続けるのに妨げになることとは?

    dot.

    12/21

    医師国家試験の合格率調査 高まる医学部人気に潜む「学力低下」と「留年」

    医師国家試験の合格率調査 高まる医学部人気に潜む「学力低下」と「留年」

    dot.

    12/17

  • 合格率を上げるために成績下位を留年に… 医師国家試験合格率「本当」の読み解きかた

    合格率を上げるために成績下位を留年に… 医師国家試験合格率「本当」の読み解きかた

    dot.

    12/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す