公立中高一貫校の受検対策で大切なのは「◯◯の生活」

教育

2017/07/02 07:00

 首都圏の中学受験では、公立中高一貫校と私立中を併願する受験生も多いが、その試験の内容や対策法は異なる。公立に合格する秘訣はなにか。受験対策のポイントについて、中学受験情報誌「カンペキ中学受験2018」(朝日新聞出版)から抜粋してお届けする。

あわせて読みたい

  • 高倍率な公立中高一貫校受験の併願狙い? 私立中学入試に「別」の思惑

    高倍率な公立中高一貫校受験の併願狙い? 私立中学入試に「別」の思惑

    AERA

    1/26

    大学と公立中高一貫の入試、どちらも「太郎と花子」? 共通テストと適性検査「似ている」を検証

    大学と公立中高一貫の入試、どちらも「太郎と花子」? 共通テストと適性検査「似ている」を検証

    AERA

    3/7

  • 受験エリート校はダメ? 中学入試で「脳みそに汗をかく問題」が好まれる理由

    受験エリート校はダメ? 中学入試で「脳みそに汗をかく問題」が好まれる理由

    AERA

    1/25

    公立中高一貫校の「適性検査」 対策は「しゃべること」?

    公立中高一貫校の「適性検査」 対策は「しゃべること」?

    AERA

    3/1

  • 「脳みそが汗をかく」 公立中高一貫校の受験問題

    「脳みそが汗をかく」 公立中高一貫校の受験問題

    AERA

    11/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す