“買い物弱者”救う移動スーパー「とくし丸」のさらなる可能性 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“買い物弱者”救う移動スーパー「とくし丸」のさらなる可能性

このエントリーをはてなブックマークに追加
南文枝dot.#仕事

「買い物弱者」の救世主として注目されている移動スーパー「とくし丸」。商品を載せた軽トラックが止まると、お年寄りたちが楽しそうに品定めを始めた(兵庫県洲本市で)

「買い物弱者」の救世主として注目されている移動スーパー「とくし丸」。商品を載せた軽トラックが止まると、お年寄りたちが楽しそうに品定めを始めた(兵庫県洲本市で)

「地域のスーパーマーケットとして、お客さまに喜んでもらえることをやりたい」と話すマイ・マートの橋本琢万社長

「地域のスーパーマーケットとして、お客さまに喜んでもらえることをやりたい」と話すマイ・マートの橋本琢万社長

「地元のスーパーマーケットとして、大手がやらないことも担っていかなければいけない」

本州と四国を結ぶ淡路島でスーパー8店舗を運営する「マイ・マート」(本社・兵庫県洲本市)の橋本琢万社長は、ずっとそう考えてきた。その中の一つが、2017年3月中旬から島内を走らせている移動スーパー「とくし丸」の事業だ。

「とくし丸」は、12年、日常の買い物が困難な「買い物弱者(買い物難民)」を支援しようと、同名の企業「とくし丸」(本社・徳島市)が始めた。地元の商店がなくなったり、交通手段がなかったりしてなかなかお店まで行けない人たちに、移動販売車での買い物を楽しんでもらう一方、定期的に訪問することで地域の「見守り隊」としての役目も果たすのが狙いだ。

 具体的には、「販売パートナー」と呼ばれる個人事業主が、冷蔵庫を備えた専用の軽トラックに商品を載せて、地域の顧客を回って販売する。商品は、同社の「エリア本部」として提携する地元スーパーから仕入れる。商品の価格は、スーパーの店頭価格プラス10円。このビジネスモデルは全国に広がり、17年4月27日現在、東京や大阪などを含む36都府県で208台が活動している。

 マイ・マートはとくし丸のエリア本部にあたるが、まずは自社で販売パートナーにも取り組もうと、専用車1台を導入。事前の調査で希望があった約200世帯を3つのエリアに分けて、それぞれ週2回、訪問している。事業を始めて1カ月が過ぎたが、既に採算ベースに乗っているという。顧客からお礼を言われることも多く、橋本社長は「やって良かった」と感じている。

 淡路島内の淡路、洲本、南あわじの3市の高齢化率は、15年時点でいずれも30%台と、全国平均(26.6%)を大きく上回っている。足腰が弱ってきたお年寄りにとって、玄関先まで来てくれるとくし丸は、ありがたい存在なのだ。とはいえ、なぜ、マイ・マートが淡路島でとくし丸を始めたのか。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加