「コウノドリ」のモデル医師が明かす、産婦人科を選んだ意外な理由

大学入試

2017/02/07 07:00

 産科医でジャズピアニストという異色の主人公・鴻鳥サクラが登場する漫画「コウノドリ」は、難しいお産に直面した人々が対峙(たいじ)する、「命の瀬戸際」の医療を描いている。現在も週刊「モーニング」(講談社)に連載中で、2015年にはテレビドラマ(TBS系列全国ネット)にもなって話題をよんだ。アエラムック『AERA Premium 医者・医学部がわかる』で、主人公サクラのモデルとなった荻田和秀医師に、ノンフィクションであるお産の現場と漫画との間(はざま)の話を聞いた。

あわせて読みたい

  • 「コウノドリ」のリアルさにモデル医師が号泣 その「プロの仕事」とは?

    「コウノドリ」のリアルさにモデル医師が号泣 その「プロの仕事」とは?

    dot.

    2/7

    母の日に読みたい「出産の現実」を伝えるマンガ

    母の日に読みたい「出産の現実」を伝えるマンガ

    BOOKSTAND

    5/11

  • 星野源 TBSドラマ『コウノドリ』で綾野剛のライバル演じる

    星野源 TBSドラマ『コウノドリ』で綾野剛のライバル演じる

    Billboard JAPAN

    8/11

    綾野剛 ストイックを超えた…壮絶すぎる役作りの“原点”

    綾野剛 ストイックを超えた…壮絶すぎる役作りの“原点”

    dot.

    10/3

  • 漫画家・鈴ノ木ユウさん×出産カメラマン・繁延あづささん対談――出産、そして家族のものがたりを紡ぐということ<前編>

    漫画家・鈴ノ木ユウさん×出産カメラマン・繁延あづささん対談――出産、そして家族のものがたりを紡ぐということ<前編>

    出産準備サイト

    11/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す