お笑い芸人・永野「M-1でやればよかった!」 “ご本人”ラッセンと一緒に“あのネタ”披露  (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

お笑い芸人・永野「M-1でやればよかった!」 “ご本人”ラッセンと一緒に“あのネタ”披露 

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
夢の共演を果たした永野とラッセン氏

夢の共演を果たした永野とラッセン氏

永野とネタに挑戦するラッセン氏

永野とネタに挑戦するラッセン氏

 11月16日に行われたラッセンジグソーパズル新CM発表会に、お笑い芸人の永野(42)が登場した。かねてより、ネタに登場させていた、画家のクリスチャン・ラッセン氏と対談し、ネタで“夢の共演”も果たした。

【写真】永野とネタを披露するラッセン氏
 「ゴッホより普通にラッセンが好き」のフレーズでおなじみのネタ「ゴッホとピカソにささげる歌」でブレークした永野。実は今回がラッセン氏と2度目の対面だった。今年7月にラッセン氏が来日した際に展示会に会いに行ったといい、「その時はラッセン先生は背中を怪我されていて立てない状態で……車いすに乗られてて心配だったんですが、久しぶりにお会いしたら10歳も20歳も若返ってビックリ。感動しています」と、久々の再会を喜んだ。

 一方、ラッセン氏は永野のネタについて「日本の人々がネタについてよく言っているので、人気ですね」と話し「世界の巨匠と比べていただいてありがたいです」と語った。

 この日は永野から一緒にネタをやってほしいと、ラッセン氏にリクエスト。これをラッセン氏は「やりましょう」と快諾し、永野とラッセン氏がネタで夢の共演をすることに。舞台上でのネタ合わせで、永野は振りをレクチャーしながら「できなかったら何回でもやらせますんで」と、ラッセン氏に“妥協”しない姿勢をみせた。

 しかし、その甲斐があってか、実際に二人でネタをしてみると、「ゴッホより普通にラッセンが好き~」の歌詞に合わせて、ラッセン氏はぎこちないながらも、しっかりと永野の動きをコピー。永野も「ラッセン先生はマイクを通してなかったんですけど、2回とも『ラッセンが~好き~』って言ってくださっていたんですよ!M-1でやればよかった!ふたりで!」と、ラッセン氏を絶賛した。

 ちなみに、もし永野とコンビを組んだ場合、チーム名はどうするとラッセン氏に尋ねたところ「チーム・ラッセン!」と即答。永野に「僕、いないじゃないですか!」と突っ込まれ、あわてて「じゃあ、永野&ラッセンで」と言い直し、チャーミングな一面をみせた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい