伝説の編集者・鳥嶋和彦がみた“手塚治虫”と“ちばてつや”最大の違い

朝日新聞出版の本

2016/09/20 16:00

 80年代、鳥山明を世に送り出し、90年代後半には低迷期の『週刊少年ジャンプ』を立て直した伝説の編集者・鳥嶋和彦さん。最初から編集者の視点で手塚治虫作品を読んできた鳥嶋さんが分析する、漫画家・手塚治虫とは? 『手塚治虫文化賞20周年記念MOOK マンガのDNA―マンガの神様の意思を継ぐ者たち―』に掲載されたインタビューの一部を、特別に公開する。

あわせて読みたい

  • 鳥山明を見いだした鳥嶋和彦が語る 信頼される編集者って?

    鳥山明を見いだした鳥嶋和彦が語る 信頼される編集者って?

    dot.

    9/20

    手塚治虫文化賞の贈呈式 ニワトリのかぶり物姿の女性が登場したわけ

    手塚治虫文化賞の贈呈式 ニワトリのかぶり物姿の女性が登場したわけ

    週刊朝日

    6/7

  • ジブリ作品を育てた本の森 鈴木敏夫を宮崎駿につなげた232冊

    ジブリ作品を育てた本の森 鈴木敏夫を宮崎駿につなげた232冊

    AERA

    8/4

    『あしたのジョー』の憂いは少女マンガにルーツあり ちばてつやさんインタビュー

    『あしたのジョー』の憂いは少女マンガにルーツあり ちばてつやさんインタビュー

    AERA

    3/7

  • 矢部太郎×手塚るみ子対談「『大家さんと僕』は手塚治虫が嫉妬するような作品」

    矢部太郎×手塚るみ子対談「『大家さんと僕』は手塚治虫が嫉妬するような作品」

    AERA

    6/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す