死闘を制した錦織圭 “現時点で最強”のマリーとの明暗を分けた「冷静さ」 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

死闘を制した錦織圭 “現時点で最強”のマリーとの明暗を分けた「冷静さ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
マリーとの激闘を制し、2年ぶりにグランドスラムでベスト4進出を決めた錦織圭。(写真:Getty Images)

マリーとの激闘を制し、2年ぶりにグランドスラムでベスト4進出を決めた錦織圭。(写真:Getty Images)

 ニューヨークで開催されているテニスの全米オープン準々決勝で、錦織圭が世界ランキング2位のアンディー・マリーを1-6、6-4、4-6、6-1、7-5で撃破。2年ぶり2度目のグランドスラム4強進出を決めた。

 沸き上がる熱狂の客席とは対照的に、勝利の瞬間の錦織は小さく拳を握りしめるのみだった。試合を通し「周りのことは、ほとんど気にならなかった」という高い集中力が、歓喜の瞬間にも顕著に表れていた。

 それでも、試合が始まった時、主導権は完全にマリーの手中にあった。時速210キロを超えるサーブを連発し、ストロークでも錦織を圧倒したマリーが、僅か35分で第1セットを奪取した。

 流れが変わる一つの契機となったのが、第2セット途中に降った雨だった。今年から新設された屋根が雨を遮るために閉まり、試合は約20分間中断。その間に一度ロッカールームに引きあげた錦織は、コーチたちとも話した上で、素早く修正すべき点を確認する。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい