【リオ五輪注目選手】木村沙織「私が悪いんじゃないか」 苦悩を乗り越え、4度目の五輪へ (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【リオ五輪注目選手】木村沙織「私が悪いんじゃないか」 苦悩を乗り越え、4度目の五輪へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
五輪予選の最終戦を勝利で締めくくり、笑顔でファンに手を振る木村沙織(写真:Getty Images)

五輪予選の最終戦を勝利で締めくくり、笑顔でファンに手を振る木村沙織(写真:Getty Images)

 絶対に負けられない大一番。

 五輪最終予選、あと1勝、もし敗れても1ポイントを獲得すれば日本女子バレーボールチームにとって、そして主将の木村沙織にとっても4大会連続となる五輪出場が決まる。

 コートに立つ木村から、笑顔が消えた。

 1点1点、木村のスパイクで日本に得点が加わるたび、選手たちは中央に集まり、1つの小さな輪をつくり、互いの背に触れ、目を見て、次の1点も取りに行く。いつもと変わらぬルーティーンの中、違っていたのは木村の表情。常に笑顔を絶やさずにいた主将から、笑顔は消え、鬼気迫るような、戦う顔がそこにはあった。

 長年に渡り、東レアローズで共にプレーしてきた迫田さおりは言った。

「やっぱり沙織さんだな、と。こういう大事な時に、本当に頼りになる。今日は、沙織さんでした」

 1人ではなくチームで戦う競技である以上、誰か1人の力で勝てるわけではない。だが、それぞれが果たすべき役割の中に、「絶対に崩れてはならない」「ここぞという時に先頭に立って勝負する」ことがあるならば、その役割が課せられていたのは、間違いなく木村だった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい