いま女子たちが“男前”落語に夢中? イケメン落語家たちの本音とは

アエラスタイルマガジン

2016/06/05 11:30

 東京のアフターファイブに異変が起きている。落語ブームだ。勤め帰りの女性たちまでが落語を聴きに押しかけているという。居酒屋の小さな座敷なども含めると、1カ月間で東京近辺で開かれる“落語会”はなんと700席を超えるのだ。これは単純なブームなどではない。ハンサムでクールなサブカルチャーの誕生といっていい。いま、新しい落語ムーブメントが起きている。『アエラスタイルマガジン 31号 』(朝日新聞出版)で紹介した、若手“イケメン”落語家たちをお教えしよう。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す