ペッパー君、Surfaceで優秀な店員に…ソフトバンクロボティクスとマイクロソフトがタッグ 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ペッパー君、Surfaceで優秀な店員に…ソフトバンクロボティクスとマイクロソフトがタッグ

dot.
会見で手を振る「ペッパー」

会見で手を振る「ペッパー」

 ソフトバンクロボティクスは3月8日、人型ロボット「ペッパー」を活用した次世代のクラウド対応ロボットで、マイクロソフトと協業すると発表した。マイクロソフトのタブレット「Surface」、複数で操作できる大画面のデバイス「Surface Hub」とクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を利用して、小売業界向け次世代型店舗ソリューション「未来の商品棚(仮称)」を構築するという。これは2016年秋をめどに日本で展開する。

 このソリューションを使えば、接客スキルを持った「ペッパー」を接客要員として店舗に配置できるという。音声による自動翻訳機能も備え、複数の言語にも対応する予定だ。

 本格導入に先立って、3月24日~30日に限定してオープンする、携帯ショップ「Pepperだらけの携帯ショップ」で実証実験を行う。

(ライター・河嶌太郎)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい