小保方晴子氏、手記出版で「作家」として復活? “第2の佐藤優”と出版界が食指

STAP細胞

2016/01/29 11:30

 新たなる第一歩を踏み出した――1月28日、元理化学研究所の小保方晴子氏が手記を出版した。「あの日」(講談社)と題されたこの書には、騒動の最中、小保方氏が話せたくても話せなかったメディア・スクラム被害、そして前時代的なアカデミズムの“闇”がつまびらかに描かれている。手記が発表された1月28日は、2年前、騒動の発端となった「STAP細胞」が発表された日でもある。

あわせて読みたい

  • 小保方さん 画像加工は「いけないと思ってなかった」

    小保方さん 画像加工は「いけないと思ってなかった」

    AERA

    3/17

    小保方さんが寂聴対談で語らなかったこと

    小保方さんが寂聴対談で語らなかったこと

    AERA

    6/8

  • STAP騒動渦中の心境を綴った『小保方晴子日記』 疑惑に答えず同情・誤解させる記述ばかり?

    STAP騒動渦中の心境を綴った『小保方晴子日記』 疑惑に答えず同情・誤解させる記述ばかり?

    AERA

    4/17

    田原総一朗 小保方騒動の「ドロ仕合」を招いた理研の大失敗
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗 小保方騒動の「ドロ仕合」を招いた理研の大失敗

    週刊朝日

    4/16

  • 小保方さんよ、どこへ行く 自腹ホテル会見は“就職活動”?

    小保方さんよ、どこへ行く 自腹ホテル会見は“就職活動”?

    週刊朝日

    4/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す