20年ぶりの復活「白鳥麗子」 “初代”鈴木保奈美は私生活でも「おーほほほほほほ!」? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

20年ぶりの復活「白鳥麗子」 “初代”鈴木保奈美は私生活でも「おーほほほほほほ!」?

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#ドラマ
鈴木保奈美(C)朝日新聞社

鈴木保奈美(C)朝日新聞社

 累計発行部数1700万部を誇る鈴木由美子の人気漫画「白鳥麗子でございます!」(メ~テレ制作、2016年1月からtvkなどで放送)が、20年ぶりにテレビドラマ&映画化される。これまで二度テレビドラマ化されていて、1989年版(TBS)は鈴木保奈美(49)、1993年版(フジテレビ)は松雪泰子(43)がヒロインの麗子を演じたが、3代目・白鳥麗子はタレント、モデルの河北麻友子(24)に決まった。

 「白鳥麗子でございます!」は、スーパーお嬢様・白鳥麗子が、幼いころから思いを寄せる秋元哲也を射止めるためにアタックするものの、プライドの高さが邪魔して素直になれない、といったさまを描いたラブコメディー。

 麗子が恋する秋本哲也役にはBOYS AND MENリーダーの水野勝。同グループからは田村侑久、辻本達規、田中俊介、吉原雅斗らも出演し、さらに映画版には5人に加え、同グループの小林豊も出演する予定だという。河北は「白鳥麗子の代名詞である『おーほほほほほほ!』をいろんなパターンで準備しているんです」と、意気込みを語っている。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい