まるでキャンプ!? 山谷のホームレス生活はあまりに“健康的”だった!!

2015/09/04 16:00

 東京都台東区・山谷地区――ここは大阪・西成と並ぶ“労働者の街”として知られる。もっとも今では、安価で宿泊できるとの理由から外国人旅行者や出張時のサラリーマンも数多く訪れている。それでも今なお、日雇い労働の職にアブれた人たちが路上や公園に寝泊まりしているとの声もある。そんな東京・山谷地区の今に迫ってみた。

あわせて読みたい

  • 下流社会が二極化…大阪・あいりん地区で“超エリート”と呼ばれる人々

    下流社会が二極化…大阪・あいりん地区で“超エリート”と呼ばれる人々

    dot.

    9/2

    「水だけで3日」「冬なら死んでいた」コロナ禍に家を失う若年層増加の現実

    「水だけで3日」「冬なら死んでいた」コロナ禍に家を失う若年層増加の現実

    AERA

    11/11

  • 「このままでは死んでしまう」 コロナ禍で迎えた正月 大人食堂に来たホームレス男性

    「このままでは死んでしまう」 コロナ禍で迎えた正月 大人食堂に来たホームレス男性

    AERA

    1/2

    ホームレス生活10年、一番つらいのは「そういう目」 コロナ禍で路上生活に変化も

    ホームレス生活10年、一番つらいのは「そういう目」 コロナ禍で路上生活に変化も

    AERA

    12/30

  • 期限切れのコンビニ弁当、トイレはマンホール…「あいりん地区」の“年の瀬”に迫る!

    期限切れのコンビニ弁当、トイレはマンホール…「あいりん地区」の“年の瀬”に迫る!

    dot.

    12/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す