小泉今日子が“女の子”に支持された理由(上) (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小泉今日子が“女の子”に支持された理由(上)

このエントリーをはてなブックマークに追加
助川幸逸郎dot.#小泉今日子になる方法

 どうすれば小泉今日子のように、齢とともに魅力を増していけるのか―― その秘密を知ることは、現代を生きる私たちにとって大きな意味があるはず。

 日本文学研究者である助川幸逸郎氏が、現代社会における“小泉今日子”の存在を分析し、今の時代を生きる我々がいかにして“小泉今日子”的に生きるべきかを考察する。

*  *  *
■刈り上げた理由

 あまり知られていませんが、小泉今日子のデビュー曲『私の16才』は、森まどか『ねえ・ねえ・ねえ』のカヴァーでした(森まどかは1978年にデビュー。『ねえ・ねえ・ねえ』は彼女のセカンドシングルで、1979年4月に発売されています)。

 すでに名声を確立したアイドルが、「往年の名曲」を歌うことはめずらしいことではありません(小泉今日子自身、ピンク・レディーやフィンガー5など、過去の有名歌手のヒット曲を集めたアルバム『ナツメロ』を、1988年にリリースしています)。しかし、最初のシングルのA面に、それほどヒットしたわけでもない先輩歌手の持ち歌を選ぶのは異例のことです。

 そして、デビュー2曲目の『素敵なラブリーボーイ』も、林寛子の同タイトル曲のカヴァーでした。3曲目の『ひとり街角』で、ようやくオリジナル曲を歌うことになりますが、この作品は80年代にしては古風な、演歌を思わせる雰囲気を帯びています。続く4曲目の『春風の誘惑』――これもオリジナル曲――も、やはり「懐かしの昭和歌謡」路線です。

 当時の映像を見ると、小泉今日子は一生懸命、「男の子に甘えてすがりつくような表情」を浮かべ、「正統派アイドル」を演じながらこれらの曲を歌っています。

 小泉今日子がデビューした1982年には、有力アイドルが次々とデビューしました。女性アイドルでは、中森明菜、早見優、石川秀美、松本伊代、堀ちえみ。男性アイドルにはシブがき隊がいます。小泉今日子のライバルだった女性アイドルたちのイメージは、

「薄幸の影を漂わせる中森明菜、ハワイ育ちでスタイルも日本人離れした早見優、健康スポーツ少女の石川秀美、デビュー曲の歌詞に『伊代はまだ、16だから~』と自分の名前が入っていた前衛アイドル松本伊代、お笑いセンスを伸ばして花開いた堀ちえみ」

 といったところです。いずれも、斬新な個性派といえます。逆にいうと、昔ながらの「清純お姫さま路線」でアピールしようとした女性アイドルは一人もいません。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい