集団的自衛権を骨抜きにした「創価学会の平和主義」とは

2014衆院選

2014/11/23 07:00

 集団的自衛権を巡るマスメディアの議論の中で、連立与党である公明党に対する手厳しい意見があった。行使容認を推し進める自民党の主張に、大幅に譲歩した公明党は、本来の党是である「平和」の看板を下ろしたのではないか、というものだ。

あわせて読みたい

  • 12月号憲法学者・首都大学東京准教授 木村 草太 Kimura Souta平和主義の「経験」と「想像力」

    12月号憲法学者・首都大学東京准教授 木村 草太 Kimura Souta平和主義の「経験」と「想像力」

    12/12

    安倍帝国vs.宗教 創価学会票が離反

    安倍帝国vs.宗教 創価学会票が離反

    週刊朝日

    4/3

  • 集団的自衛権の行使容認 公明賛成すれば“バーター”成立?

    集団的自衛権の行使容認 公明賛成すれば“バーター”成立?

    週刊朝日

    6/26

    安保法「反対署名」受け取り拒否 公明党の不思議

    安保法「反対署名」受け取り拒否 公明党の不思議

    週刊朝日

    9/15

  • 安保法制反対のデモに創価学会の三色旗 「参院選で自民、公明は応援しない」

    安保法制反対のデモに創価学会の三色旗 「参院選で自民、公明は応援しない」

    週刊朝日

    8/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す