読書の快楽を経験したことがない人は、恋愛の経験がないのと同じ?

朝日新聞出版の本

2014/11/16 16:00

 一般的に、「たくさん本を読むべき」という考えが私たちの間には浸透している。ときに読書量を自慢する人もいれば、読んだ本の数が少ないことに劣等感を覚える人もいるかもしれない。もちろん本は読まないより読んだ方がよいだろう。ただ、果たして「多読」は無条件に歓迎すべきことなのか。

あわせて読みたい

  • 夏休み宿題の定番・読書感想文で「“上手に書く”よりずっと大切なこと」を東大卒ママがズバリ!
    筆者の顔写真

    杉山奈津子

    夏休み宿題の定番・読書感想文で「“上手に書く”よりずっと大切なこと」を東大卒ママがズバリ!

    dot.

    8/15

    はじめての文学講義読む・書く・味わう

    はじめての文学講義読む・書く・味わう

    週刊朝日

    10/1

  • 申し込み殺到、7700人待ち! 大人気の「一万円選書」で10年後を変える

    申し込み殺到、7700人待ち! 大人気の「一万円選書」で10年後を変える

    AERA

    12/14

    丹羽宇一郎 「今、若い人が恋愛できない」理由を語る

    丹羽宇一郎 「今、若い人が恋愛できない」理由を語る

    週刊朝日

    10/2

  • たとえ最後まで読み通さなくても大丈夫な読書法とは?

    たとえ最後まで読み通さなくても大丈夫な読書法とは?

    BOOKSTAND

    9/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す