『3月のライオン』作者・羽海野チカさん、手塚治虫文化賞贈呈式で喜びを語る 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『3月のライオン』作者・羽海野チカさん、手塚治虫文化賞贈呈式で喜びを語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.

今回、新設された特別企画の読者賞を受け取る「宇宙兄弟」の作者、小山宙哉さん(撮影/写真部・工藤隆太郎)

今回、新設された特別企画の読者賞を受け取る「宇宙兄弟」の作者、小山宙哉さん(撮影/写真部・工藤隆太郎)

受賞者の直筆サイン入りパネルがずらり。『3月のライオン』コーナーには「ウミノクマ」(羽海野さんご本人のイメージキャラクター)をかたどったフラワーアレンジメントが!(撮影/写真部・工藤隆太郎)

受賞者の直筆サイン入りパネルがずらり。『3月のライオン』コーナーには「ウミノクマ」(羽海野さんご本人のイメージキャラクター)をかたどったフラワーアレンジメントが!(撮影/写真部・工藤隆太郎)

 マンガ文化に大きな足跡を残した手塚治虫の業績を記念する「手塚治虫文化賞」(朝日新聞社主催)の第18回贈呈式が30日、東京・築地の浜離宮朝日ホールで行われた。

 年間のベスト作品に対して贈られるマンガ大賞に選ばれた『3月のライオン』(白泉社)の作者、羽海野チカさんには、鉄腕アトムのブロンズ像と副賞が贈られた。

 斬新な表現、画期的なテーマなど清新な才能の作者に送る新生賞に輝いたのは、『アノネ、』(秋田書店)、『みつあみの神様』(集英社)などの今日マチ子さん。代理で女優の青柳いづみさんが登壇され、鉄腕アトムのブロンズ像と副賞を受け取った。

 短編賞には『鬱ごはん』『オンノジ』(秋田書店)などの施川ユウキさん、マンガ文化の発展に寄与し個人・団体などに贈られる特別賞には、『まんが道』(中央公論新社など)『愛…しりそめし頃に…』(小学館)の藤子不二雄Aさんがそれぞれ選ばれた。

 関係者による推薦の多かった20作品から朝日新聞デジタル会員の投票により選ばれる特別企画・読者賞には、『宇宙兄弟』(講談社)の小山宙哉さんが選ばれ、記念の盾と副賞が贈られた。

 受賞スピーチで羽海野チカさんは、『リボンの騎士』に出てくるドレスや動物の愛らしさに夢中になり、たくさんまねて描いていたという子ども時代のエピソードに触れつつ、手塚先生の名のついた賞を授与されたことの喜びを改めて語った。贈呈式の後は、マンガ家・ヤマザキマリさんとの受賞記念対談も行われ、約400人の観衆を魅了した。

 羽海野チカさん受賞スピーチ、羽海野さん×ヤマザキさん対談の詳しい内容はdot.にて、近日公開予定。


【関連リンク】
『3月のライオン』は『ヤングアニマル』(白泉社)にて好評連載中
http://3lion.younganimal.com/


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい