AERA dot.

ママ友を家に招くときは注意! 58%のママが気になるものとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 )

 新たな出会いが多いこの季節、子どもの家庭訪問やママ友同士のお宅訪問など、来客を迎えることも多いのでは。ママ友の来訪時、整理整頓の度合いやインテリア、お茶うけなど気にするポイントは数あれど、意外と忘れがちなのが「家のにおい」だ。

 著書『焼き肉屋で最初にタンを注文する女は合コンでモテる!』(朝日新聞出版)で話題の木原誠太郎氏が代表を務めるディグラム・ラボが、9歳以下の子どもがいる20~40代の女性300人に対して行ったにおいに関するリサーチによると「ママ友の家のにおいが気になりますか」という問いに対して、「気になる」と答えた人は全体のなんと58%。過半数の人が、「他人の家のにおいが気になる」と回答していた。

 また、「他人の家に訪問した時に『臭い』と思ったにおいは?」という質問において、「たばこの煙のにおい」「ペットのにおい」などその家の生活スタイルに密着したもののほか、多かったのが「体臭や食べ物のにおいがいりまじった、その家の独特のにおい」。その家に住んでいる人は慣れきっているがゆえ気にしていない「家のにおい」に対して、外から来た人は違和感を抱いてしまうというケースが非常に多かった。

 一方で、「ローズやフローラル、柑橘系のにおいなどがすると好感が持てる」など、芳香剤やアロマを置くなどして、家の香りに気を配っている家庭に対して、「良い家のにおい」としての評価が高かった。とくに、家の香りに気を配っているママは「ローズのにおいが好き」というデータも。

 家の香りは自分ではなかなかわからないもの。自分では無臭のつもりでも、実は相手に不快な思いをさせてしまっている可能性もある。家の掃除やお茶うけを気にするのと同様に、市販の芳香剤などを置いて「家のにおい」を気にするのが今後のマナーになりそうだ。

【調査対象】
9歳以下の子を持つ20~40代の母親=300人
調査期間=2014年4月18日~4月21日

トップにもどる dot.オリジナル記事一覧


   ママ友 , 朝日新聞出版の本 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加