4月25日は「DNAの日」。遺伝子解析サービスで知る病気のリスク

2014/04/25 16:00

 4月25日は「DNAの日」であることをご存じだろうか。1962年にノーベル生理学・医学賞を受賞した米英の科学者ジェームズ・ワトソン氏とフランシス・クリック氏がDNAの二重らせん構造モデルについての論文を発表したのが、1953年のこの日に発行された科学雑誌「ネイチャー」だ。

あわせて読みたい

  • かかりやすい病気、長距離向きか短距離向きか…3万円でここまで分かるDNA検査

    かかりやすい病気、長距離向きか短距離向きか…3万円でここまで分かるDNA検査

    AERA

    7/25

    遺伝子検査で性格もわかる? 働き盛りの「ダル重」狙う検査ウォーズ

    遺伝子検査で性格もわかる? 働き盛りの「ダル重」狙う検査ウォーズ

    AERA

    4/19

  • 「記者の適性」DNA検査でアエラ編集部に下克上! 記者がドヤ顔、副編集長しょんぼり

    「記者の適性」DNA検査でアエラ編集部に下克上! 記者がドヤ顔、副編集長しょんぼり

    AERA

    7/23

    IQは金で買えるのか?中国の「天才赤ちゃんづくり」プロジェクト

    IQは金で買えるのか?中国の「天才赤ちゃんづくり」プロジェクト

    dot.

    7/21

  • 痛風は“遺伝子変異”で発症リスク10倍にも

    痛風は“遺伝子変異”で発症リスク10倍にも

    週刊朝日

    9/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す