非常食にするだけではもったいない! 知られざる缶詰の魅力

2013/12/08 18:35

 東日本大震災を機に、防災に対する意識が見直されつつあります。震災に備えて用意すべきものと言えば何よりも水ですが、次に挙げられるのが食料です。震災に備えて保存食を用意している人も多いと思いますが、その中でも昔から重宝されているのが缶詰です。
全国あちこちを飛び回っては特産品を食べてまわることから「味覚人飛行物体」という愛称でお馴染みの小泉武夫氏。缶詰愛好家でもある小泉氏は著書『缶詰に愛を込めて』の中で、東日本大震災に見舞われた際に非常食として配給された缶詰について、次のように語っています。

あわせて読みたい

  • 進化するグルメ缶詰が飲兵衛を救う

    進化するグルメ缶詰が飲兵衛を救う

    AERA

    6/5

    単なる保存食じゃない?缶詰の歴史と、世界の缶詰

    単なる保存食じゃない?缶詰の歴史と、世界の缶詰

    tenki.jp

    10/5

  • 忙しい現代人にぴったりの「缶詰ビューティー」

    忙しい現代人にぴったりの「缶詰ビューティー」

    AERA

    11/25

    「希望の缶詰」から10年、牛たん缶も開発 おいしさ追求した木の屋石巻水産の現在地 #あれから私は

    「希望の缶詰」から10年、牛たん缶も開発 おいしさ追求した木の屋石巻水産の現在地 #あれから私は

    AERA

    3/11

  • 空前のブーム! グルメな缶詰、缶詰バーが人気

    空前のブーム! グルメな缶詰、缶詰バーが人気

    AERA

    11/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す