ここに、あそこにGマーク。よいデザインが豊かな社会をつくり出す時代

2013/10/08 13:02

 ボールペンや、スポンジたわしなど日常づかいの製品に時々見つける赤丸の中に白いGの印。いまや見慣れたマークになってきた。
このGマークは、公益財団法人日本デザイン振興会が毎年主催するデザインの推奨制度で「グッドデザイン」と選定されたものにだけ、つけることが許される。
 1957年、通商産業省(現経済産業省)によってスタートしたこの制度ももう半世紀以上になり、Gマークの認知率は88%というから、その歴史と役割を感じさせる。

あわせて読みたい

  • 世界で活躍するデザイナーに

    世界で活躍するデザイナーに"肩書き"はいらない?

    BOOKSTAND

    10/18

    完全分離型の2世帯住宅が人気 その理由は高い「相続」の節税効果

    完全分離型の2世帯住宅が人気 その理由は高い「相続」の節税効果

    週刊朝日

    10/13

  • J2プレーオフV&天皇杯Vに王手!!  モンテディオ山形の地元は温泉遭遇率日本一?

    J2プレーオフV&天皇杯Vに王手!! モンテディオ山形の地元は温泉遭遇率日本一?

    BOOKSTAND

    12/5

    水族館からクレヨンまで「キッズデザイン賞」ってどんな賞?

    水族館からクレヨンまで「キッズデザイン賞」ってどんな賞?

    7/9

  • 銀行アプリを高評価につなげた1人の「行内デザイナー」 日本と海外にあるプロダクトの差異

    銀行アプリを高評価につなげた1人の「行内デザイナー」 日本と海外にあるプロダクトの差異

    AERA

    2/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す