夏休みの自由研究 家族旅行先で取り組む賢い方法 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

夏休みの自由研究 家族旅行先で取り組む賢い方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
夏休み(イメージ画像)

夏休み(イメージ画像)

 子どものころを振り返って、夏休みの宿題で大変だったものといえば「自由研究」。大人になった今も、わが子や孫が思い悩む姿を見かけるのではないだろうか。そんな子どもたちのために、この夏は「自由研究ができる家族旅行」に出かけてみては? 家族で夏の思い出が作れるうえ、宿題も消化できるという一挙両得の旅行スポットを集めてみた。

 まず近場で旅を楽しみたい場合は、栃木県は那須温泉の「ホテルエピナール那須」がオススメ。ホテルでは夜の森探検教室やナイトサファリツアー、キッズ陶芸体験、キッズホテルマン体験などイベントが盛りだくさん。子どもたちも目移りするほどのラインナップだ。ホテルには天然温泉が楽しめる露天風呂や檜風呂、ジャグジーなど多彩な湯船があり、大人たちはゆっくりと湯めぐりを楽しめる。何より首都圏から気軽に行けるという点が、大人にとってはもっともありがたい。

 家族全員で楽しめるうえ、自由研究のテーマとしてもぴったりなのが“天体観測”。これにうってつけなのが山梨県の「清里高原ホテル」。ホテルのある八ヶ岳山麓は、日本有数の天体観測地。周辺は国定公園に指定されているため街灯も少なく、夜になるとあたりはまっ暗。ホテル内には天文台があり、この抜群のロケーションのなか毎晩(荒天などの場合は中止)無料で星空観察会のが開催されている。都会では見ることができない美しい星空は、家族にとってよい思い出になりそうだ。

 ちょっと変わった体験ができるのが、兵庫県・南淡路温泉郷の「南淡路ロイヤルホテル」。館内で海ほたる鑑賞ができるという変わり種ホテルだ。ピカピカ光を放つ海ほたるが見られるのは7月20日~8月25日。さらに7月22日~8月2日(7月27日、28日を除く)には捕獲器具を親子で作成する「海ほたる捕獲体験」もできる。同じく兵庫県の神崎かさがた温泉にある「リフレッシュパーク市川」には、敷地内に「かぶと・くわがたわくわく館」がある。宿泊者は無料で入場することができ、ここでしか見られないカブトムシやクワガタ、そのほか珍しい昆虫を見ることができる。虫好きの男の子にはうってつけのスポットといえるだろう。

 大人もしっかりバカンスを楽しみたいなら、宮崎県まで足をのばしてみてはどうだろうか。「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」はその名の通り海に面したリゾートホテルで、客室は全室オーシャンビュー。青い海を見ながらゆっくりくつろぐことができる。館内のアクティビティーセンターではオルゴール作り、まがたまペンダントづくり、はにわ作りなどの体験ができる。またホテルについているプールは8月31日までの間、宿泊者は無料で利用できる。夜になると露天風呂がライトアップされ、幻想的な雰囲気も楽しむことができ、大人にとっても子どもにとっても、満足度の高いスポットといえそうだ。

 こうしたスポットなら、子どもたちの「夏休みどこか連れてって~!」という要望に応えながら、自分もしっかり旅行を満喫、さらには夏休み終了間際にも関わらず「自由研究が終わっていない…(涙)」なんていう状況も回避できる。この夏は一石二鳥にも三鳥にもなりそうな、お得な旅行を検討してみるのはいかがだろうか。

【関連リンク】
夏休みの自由研究ができる宿(ゆこゆこ調べ)
http://www.yukoyuko.net/onsen_news/ranking/selection_120727.html


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい