大地震時にペットを守るため、飼い主が絶対に行うべき「7つの備え」とは

2021/03/11 07:00

 甚大な被害をもたらした東日本大震災から10年が経過する。5年前にも熊本地震が起こり、今後も大規模な地震が起こると想定されている。いざという時、飼い主とペットが安全に避難し、一緒に暮らせるようにするためには、日頃からの「心構え」と「備え」が大切だ。しかし、知識だけでは命は守れない。実際に行動することが必要だ。ペットの飼い主は大地震に備え、何をするべきなのだろうか。(ペットジャーナリスト 阪根美果)

あわせて読みたい

  • 豪雨災害でペットはどうする? 全国初と言われたペット同伴避難所の実態とは

    豪雨災害でペットはどうする? 全国初と言われたペット同伴避難所の実態とは

    dot.

    7/3

    ペット防災「犬や猫の災害時の避難」~ペットとの避難のポイントは?専門家の獣医師さん聞きました~

    ペット防災「犬や猫の災害時の避難」~ペットとの避難のポイントは?専門家の獣医師さん聞きました~

    tenki.jp

    9/7

  • 「大切なペットと避難するためにまずやるべきこと」 防災士で獣医師の提言

    「大切なペットと避難するためにまずやるべきこと」 防災士で獣医師の提言

    dot.

    7/12

    【ペットの防災】避難所に入れなくてもあきらめない 同行避難と命を守る仕組みづくり

    【ペットの防災】避難所に入れなくてもあきらめない 同行避難と命を守る仕組みづくり

    AERA

    3/16

  • 【ペットの防災】災害時、究極の「飼い主力」が愛犬・愛猫の命を守る

    【ペットの防災】災害時、究極の「飼い主力」が愛犬・愛猫の命を守る

    AERA

    3/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す