エクセルは「11センチ×18センチ」の大きな電卓でチェック! (2/2) 〈ダイヤモンド・オンライン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

エクセルは「11センチ×18センチ」の大きな電卓でチェック!

このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ、あえて電卓を使うのか?(※写真はイメージ)

なぜ、あえて電卓を使うのか?(※写真はイメージ)

松本利明(まつもと・としあき)/人事・戦略コンサルタント
 外資系大手コンサルティング会社であるPwC、マーサージャパン、アクセンチュアなどを経て現職。5万人以上のリストラを行い、6000人を超える次世代リーダーや幹部の選抜・育成に関与する。その中で、「人の持ち味に合わせた育成施策を行えば、人の成長に2倍以上差がつく」ことを発見し、体系化する。そのノウハウを、クライアント企業にはマネジメントの仕組みとして、社員には具体的な仕事術へと落とし込み提供。

 24年間で、外資系・日系の世界的大企業から中堅企業まで、600社以上の人事改革と生産性向上を実現する。自らもその仕事術を実践することで、スタッフからプリンシパル(部長クラス)まで8年という驚異的なスピードで昇進する。

 現在は、企業向けのコンサルティングに加え、「すべてのムダをなくし、自分らしく、しなやかに活躍できる世界」にするため、「持ち味の見つけ方・活かし方」を、ビジネスパーソンのみならず学生にも広めている。「仕事術」「働き方」などのテーマで、メディアへの寄稿多数。また「日本企業の働き方・賃金改革の在り方」について、英国放送協会(BBC)から取材を受け、その内容は全世界に配信された

松本利明(まつもと・としあき)/人事・戦略コンサルタント  外資系大手コンサルティング会社であるPwC、マーサージャパン、アクセンチュアなどを経て現職。5万人以上のリストラを行い、6000人を超える次世代リーダーや幹部の選抜・育成に関与する。その中で、「人の持ち味に合わせた育成施策を行えば、人の成長に2倍以上差がつく」ことを発見し、体系化する。そのノウハウを、クライアント企業にはマネジメントの仕組みとして、社員には具体的な仕事術へと落とし込み提供。  24年間で、外資系・日系の世界的大企業から中堅企業まで、600社以上の人事改革と生産性向上を実現する。自らもその仕事術を実践することで、スタッフからプリンシパル(部長クラス)まで8年という驚異的なスピードで昇進する。  現在は、企業向けのコンサルティングに加え、「すべてのムダをなくし、自分らしく、しなやかに活躍できる世界」にするため、「持ち味の見つけ方・活かし方」を、ビジネスパーソンのみならず学生にも広めている。「仕事術」「働き方」などのテーマで、メディアへの寄稿多数。また「日本企業の働き方・賃金改革の在り方」について、英国放送協会(BBC)から取材を受け、その内容は全世界に配信された

【『「ラクして速い」が一番すごい』著者からのメッセージ】

●世の中から、すべてのムダな努力をなくしたい

 はじめまして。松本利明と申します。この度『「ラクして速い」が一番すごい』 を出版しました。

 世の中からすべてのムダな努力をなくしたい。その想いでこの本を書きました。誰もがラクして速く、自分らしく花開けるようになるエッセンスを込めたつもりです。

 私は小学生の頃から、自分に合わない勉強法を父にごり押しされ、中学、高校、大学、すべての受験に失敗しました。大学のESS(英会話部)でスピーチコンテストに出たときも、体育会の先輩から自分に合わない方法を押しつけられ、結果はブービー(最下位から2番目)でした。

 しかし翌年、テレビ番組に参加することで得たマーケティング手法をスピーチに活用することで、準日本大会の「丹羽杯」で3位入賞をはたしました。

 そのとき、私は自分の持ち味に合った方法ならラクに成功できることに気づきました。それ以来24年以上、人事・組織のコンサルティング現場の知見をまとめ、法則を積み上げてきました。

「ラクして速い」と聞いてネガティブな印象を持った方もいるかもしれません。

 その方は「ラクして」という意味を考えたとき、「手を抜く」とか「ズルをする」というような感覚にとらわれていたのではないでしょうか。

 実際は逆です。「ラクして速く」なるためには、「ムダな努力」をなくし、自分の持ち味を活かしきらなければなりません。苦手なことではなく、得意分野でスイスイ結果を出していくことで、評価もやりがいも簡単に手に入れられるのです。

 本書の中から、今からできそうなもの、役に立ちそうだと思ったものを実際にやってみてください。ラクして速く仕事をし、結果を出すことで、一生の友となる「自信」をつかんでいただければ、著者としてこれ以上の幸せはありません。

松本利明(まつもと・としあき)/人事・戦略コンサルタント
 外資系大手コンサルティング会社であるPwC、マーサージャパン、アクセンチュアなどを経て現職。5万人以上のリストラを行い、6000人を超える次世代リーダーや幹部の選抜・育成に関与する。その中で、「人の持ち味に合わせた育成施策を行えば、人の成長に2倍以上差がつく」ことを発見し、体系化する。そのノウハウを、クライアント企業にはマネジメントの仕組みとして、社員には具体的な仕事術へと落とし込み提供。

 24年間で、外資系・日系の世界的大企業から中堅企業まで、600社以上の人事改革と生産性向上を実現する。自らもその仕事術を実践することで、スタッフからプリンシパル(部長クラス)まで8年という驚異的なスピードで昇進する。

 現在は、企業向けのコンサルティングに加え、「すべてのムダをなくし、自分らしく、しなやかに活躍できる世界」にするため、「持ち味の見つけ方・活かし方」を、ビジネスパーソンのみならず学生にも広めている。「仕事術」「働き方」などのテーマで、メディアへの寄稿多数。また「日本企業の働き方・賃金改革の在り方」について、英国放送協会(BBC)から取材を受け、その内容は全世界に配信された。


トップにもどる ダイヤモンド・オンライン記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい